ホーム > かざスタの導入事例|導入事例 > レジャー

レジャー

【リピーター獲得の成功の秘訣は「スタンプ数3個」】 DEEP FOREST 淵野辺店さま
2011.06.10

DEEPFOREST マネージャー田中さま

DEEPFOREST マネージャー田中さま

 

「かざスタ」導入店のひとつ、ダーツとカラオケが楽しめる「DEEP FOREST」淵野辺店さまに、「かざスタ」導入のきっかけや、「かざスタ」をお客さまに使ってもらうための工夫、そして「かざスタ」を利用してどうリピーターを獲得されているかをお聞きしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルバイトも簡単に運用できるスタンプカードがほしかった


特典クーポンのPOPが目をひく「かざスタ」

特典クーポンのPOPが目をひく「かざスタ」

「かざスタ」導入前は、紙のスタンプカードを利用していた淵野辺店ですが、「お客さまへのスタンプカードの渡し忘れや、押し忘れなど、紙のスタンプカードの運用の徹底が難しかった」とマネジャー田中さま。ケータイスタンプの「かざスタ」を導入すれば、アルバイトやパートのスタッフでもミスなく簡単にスタンプカードの運用が可能になり、その分お客さまの接客に時間が充てられる点にご評価いただき「かざスタ」導入を決めていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「かざスタ」の設置場所は、ウェイティングエリアと、女子トイレ

 

女子トイレの中にも「かざスタ」が!

女子トイレの中にも「かざスタ」が!

現在、淵野辺店では「かざスタ」を6台ご利用いただいています。設置場所は、ダーツエリアのテーブル上やレジ横はもちろん、淵野辺店ならではの特徴が、ウェイティングエリアや女子トイレにも「かざスタ」を置いていただいていること。お客さまが手持無沙汰になりやすいウェイティングエリアや、トイレに携帯電話を持っていく女性が多いことに目をつけ女子トイレにも設置、より多くのお客さまに「かざスタ」をご利用いただくための淵野辺店ならでは工夫です。そのほかにも、各カラオケルームに「かざスタ」の掲示物を貼っていただくなど「かざスタ」を積極的に告知していただいています。

 

 

 

 

 

 

「スタンプ3つでフリータイム無料!」がリピーター獲得に貢献


各カラオケルームに設置「かざスタのオトク情報」の掲示物

各カラオケルームに設置「かざスタのオトク情報」の掲示物

「かざスタ」はスタンプカードのマス目の数を自由に設定することが可能です。リピーターを増やすには、マス目の数がいくつだと効果が上がるかを経験上ご存じだったマネージャー田中さま。田中さまによると、その数はなんと「3つ」。淵野辺店の場合、3回お店を訪れてもらえば、リピーターになってもらえる確率が80%になるということで、現在スタンプ数を3つで特典「ダーツ・カラオケがフリータイム無料」と設定。お客さまもスタンプ3つで特典が得られるならスタンプを作ってもいいと気軽に思われる方が多いのではないでしょうか。スタンプの数がリピーター獲得の成功の秘訣のようです。

 

 

 

 

 

 

 

===【 お店情報 】==========================================

DEEP FOREST 淵野辺店さま

DEEP FOREST 淵野辺店さま

 

DEEPFOREST 淵野辺店

【スタンプカードのマス目の数】 3つ

【特典】 スタンプ3つでカラオケもダーツもフリータイム無料

【URL】 http://kazasta.jp/sp/1279804255.html

 

 

 

 

 

 

 

 

====================================================

 

 

かざしてスタンプの導入事例を見る

お問い合わせ先03-6380-6905
ネットでのお問い合わせ

PAGE TOP

かざしてスタンプは 株式会社ラージヒルの登録商標です。●「かざスタ」は株式会社ラージヒルの登録商標です。●「おサイフケータイ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。 ●「FeliCa」はソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式で、ソニー株式会社の登録商標です。●「Edy」は、ビットワレット株式会社が 管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。●FeliCa(フェリカ)マークは、フェリカネットワークス株式会社の登録商標です。●「ネットマイル」は株式会社ネットマイルの登録商標です。●その他記載されている社名および製品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。